トレンドとして見るソーシャルメディアと検索エンジン

ソーシャルメディアと検索エンジンの動向

最近のトレンドとして気になるのは、「ソーシャルメディア」と「検索エンジン」があるのではないでしょうか。

ソーシャルメディアは現在も爆発的に利用者が増えています。
ソーシャルメディアの内の1つのSNSツールは、他者とコミュニケーションをとることの利便性や、メディアとしての利用、そしてコンテンツの提供として優れたツールだといえます。

しかし、利用者が増えている一方で問題となっているのが、ソーシャルメディアを利用する人が分散しすぎてきたといった点です。
例えば今までもっとも利用者が多かったフェイスブックやツイッターも、その後にインスタグラムやTikTokが登場し利用者が減少したといった時期もありました。
現在は利用年代などの「住み分け」がなされ落ち着きを取り戻しつつありますが、ここ最近はスマートフォンユーザーが爆発的に増えていることもあり、 ソーシャルメディアを提供しているところではユーザー獲得の重要性が高まり競争が熱心です。

一方で検索エンジンは、ソーシャルメディアと違い、1つに集中する傾向にあるようです。
例えば、日本ではyahooやgoogleがもっとも利用者の多い検索エンジンサイトですが、少し前まではYahooがもっとも利用者が多かったのですが、ここ数年はgoogleの利用が急激に増えてきて、ほぼ主流になってきています。
そして海外でも、web先進国であるアメリカでは9割近くの人が検索エンジンでgoogleを使っているという話も耳にします。

これまでソーシャルメディアと検索エンジンは同じ土俵でマーケティングが行われてきましたが、
これらからのトレンドを見るに、ソーシャルメディアは分散、そして検索エンジンは集中型に変化していくのではないでしょうか。