動画を共有することで拡がる情報

動画の新しいトレンド

映像や静止画といったものは今までローカルな中で活躍するものでした。テレビなどの電波による映像の配信というのも、電波だからこそ出来ることがありますが、電波だから出来ない、情報が届きにくい場所というものがあり、ひとたび国を出てしまうと、電波を受信することが困難になることもあります。
特に日本は島国であることから、情報が外から入ってくるのに時間が掛かるといわざるを得ません。
しかし、近年発達した情報網、特にインターネット環境が充実して、国内での普及率が大きくなってきたことから、これらの問題が次第に解消してきたと思います。

そこで、新たに情報の発信元として、また新たなメディアとして動画が使われるようにもなってきました。
インターネットを気軽に使うことが出来て、そのネット上に多くの情報を保存することが出来ることから、それらの情報を共有することが出来る、または新たに拡散して多くの人に共感、または視聴してもらうことが出来ることから、動画の共有がものすごいスピードで人々の間に普及していきました。

動画による共有で、メディアでも様々なサービスが進むようになり、ネットワーク上での広告にもテレビのような動く動画の広告や、生放送といったことも気軽に自分達で楽しむことが出来るようになってきたのです。